MENU LIST

つらいアトピーにスキンケア

日焼け

自害線とか日焼けの対策をすることも大事なスキンケアの一つです。
日焼けって、実は皮膚の炎症の一つなんです。だから、アトピー性の皮膚炎だった場合はその病気を悪化させちゃうんですよ。

なので、日焼け止めクリームを塗るなどの対策をして外に出るのが吉です。
とは言え、肌が弱い場合はその日焼け止めクリームすらも湿疹の原因になったりするんですよね。
その場合は塗るのをやめて、それからお医者さんに相談しましょう。

クリームを塗らなくても、そもそも肌が出ている部分を減らせば良いのです。
細菌はUV対策を出来るアームカバーなども安くうっているので、こういうものを利用すると良いと思います。
この様に、服をちょっと工夫するだけでも随分と違うみたいです。

服を工夫といえば…服や下着を少しでも刺激の少ないものにすることにより、今よりお病状が軽くなることもあるそうです。
とはいってもそんな高いものを買う必要はなく、木綿の生地をつかっている服にするだけでも随分と違います。
知っていましたか、木綿ってかなり吸湿性が良いんですよ。つまり、汗をかいても蒸れにくくなるのです。
しかし、汗をかいたらなるべく着替えるほうがいいみたいです。

洗濯後はきっちりとすすぐなどしないと、アトピーを促進させてしまう可能性があるのでしっかりとすすぎましょう。